寿味屋のかまぼこ

 
 

寿味屋は古くより伝わる業に独自の経験からさらにおいしい工夫を加えました。
職人がこだわる繊細な味のバランスは一味違います!

住所 〒904-0305 読谷村字都屋8番地
都屋漁港近く
TEL 098-956-5578
(FAX)
098-956-5322
駐車場 [あり・無料]
マップコード 33 792 333*56
※マップコードはカーナビでの目的地設定にご利用いただけます。
営業時間 [オープン] 9:00 [クローズ] 17:00
定休日 日曜日
URL ✩寿味屋のかまぼこについて詳しくはこちら✩
【HP】
 
  

 

   イナムドゥチ       油で揚げるかまぼこ     チキアギ板がないかまぼこ


厳選された良質のすり身を使用し、伝統の形・味に仕上げられた沖縄独特のかまぼこです。


伝統行事に欠かすことの出来ない食材で、そのままカットしてお召し上がりいただくか、伝統料理ののように料理に使うのもそのひとつです。


沖縄のかまぼこは、本土の「蒸す」かまぼことは異なり、油で「揚げる」のが基本です。どちらかと言えばサツマアゲに近いといえるもので、日頃から、チャンプルー(炒め物)や和え物、弁当のおかずの一品として食されています。


色いろなかまぼこがあり、代表的なものとして、おめでたい行事には欠かせない紅白かまぼこは、底に板がついおらず、大きさが本土のものの1.5倍ほどもあります。


他にも、沖縄そばにかかせない大丸かまぼこや、ニンジンやゴボウ、イカ入りはもちろん、もずく入りやゴーヤー入りなどもあります。
 

寿味屋のかまぼこは地域で採れた鮮魚や農産物を利用して、地域の人たちを巻き込んで製品化を進めてきた。沖縄の新鮮な魚と地元の野菜を原料にして販売しています。
 

製造工程(寿味屋HPより)

伝わる業に鮮度を保つ安心技術

 
工場のすぐ前にある都屋(とや)漁港から新鮮な魚を選びます。
 
魚の頭、内臓などをとって水洗いし、肉だけを取り出します。
取り出した肉をよくさらして不要なものを取り除いた後、脱水します。
脱水した肉をミンチ肉にします。
ミンチ肉に食塩や調味料などを加えてよく練ります。
練った魚肉を成形します。
都屋漁港かまぼこ作り都屋漁港
 
すみやのかまぼこ工程練る1すみやのかまぼこ工程練る2よく練る
 
すみやのかまぼこ工程成型 成形


 

 

備考
    
都屋漁港のすぐそば!海を眺めながらかまぼこが食べられるよ^^

   
【工場見学について】すみやでは、新鮮な食材を利用してどのようにかまぼこを製造しているか
皆様に見学して頂けます。※作業中は衛生上、作業場内へ入っての見学はできませんので 
予めご了承ください。

工場見学ご希望の方は、電話またはメールにてお問合せください。
電話番号:098-956-5578
お知らせ
 
比嘉のおすすめ!

沖縄の食卓に欠かせない「かまぼこ」!寿味屋のかまぼこは毎日、都屋漁港で獲れたての新鮮な鮮魚を利用しているので、とってもおいしいよっ!!(^^)!お土産に、おやつに、シーミー、お盆、沖縄そばに!色々な料理や行事に合わせて活用できるよ♪


大きな地図で見る

観光案内 読谷村観光協会が紹介する、読谷村のおすすめ情報が満載!

  • 見る
  • 買う
  • 楽しむ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 学ぶ
  • イベント
  • その他

 

このページのTOPへ