残波岬

 

紺碧の空と海に白亜の灯台がそびえ立つ、読谷村が誇る日本有数の景勝地!

高さ30mの断崖絶壁が約2kmにわたって続く残波岬。
岩にぶつかり白い飛沫を激しくあげる波の様子は沖縄の海では珍しく勇壮で男性的な風景である。
晴れた日には慶良間諸島も眺望でき、沖縄本島で夕日が最後に沈む場所として知られる絶景スポット!

住所 【残波岬いこいの広場】〒904-0328 読谷村宇座1861
TEL 【残波岬いこいの広場】098-958-0038
駐車場 [あり・無料]
残波岬
【残波岬】
 残波岬は高さ30m前後の断 崖が約2kmにも連なり、雄大な景観となっており、県内でも有数な景勝地で、岬の北側のエリアは海岸国定公園に指定されています。海岸線が人工化していな いことはサンゴ礁を残すことになり、イノーとよばれる礁湖は沖縄本島でも有数の広さを持つようになりました。そこには海の生き物たちの豊かな生態系があ り、人にとっても心地よさを味わえる憩いの場所となっています。

 
残波岬公園

【残波岬公園】
 残波岬一帯の恵まれた自然景観(自然条件)と海岸利用をあわせた活用をし、憩いの場として公園整備が
整備されています。
(住所):
読谷村字宇座1233番地 (TEL):読谷村役場都市計画課 098-982-9220
 
    
駐車場から灯台手前までは未舗装区間(ゴツゴツした岩場)もあるので、裸足やビーチサンダル、ヒール
で歩くのは出来るだけ避けましょう!遊歩道はキレイに整備されているので、お子様連れでも安心です。
 
     
まさに断崖絶壁っ!波が穏やかな日は釣りスポットとしても有名♫
台風などで波や風が強い時の波打ち際はとっても危険ですので、近づかないようにしましょう!

     
遊歩道はキレイに整備されているので、車椅子やベビーカーでもOK!季節によって様々な植物が見頃♫

     
沖縄本島の最西端、県内で一番最後に沈む夕陽はまさに絶景!
 
灯台  
【残波岬灯台】
南西諸島随一の高さ約31m(地上から灯塔の頂部まで)を誇る残波岬の象徴ともいえる白亜の大型灯台。
参観灯台で上まで登ることができ、灯台上からは、東シナ海の見晴らしが良く晴れていれば、粟国島、
渡名喜島、久米島などを望むこともできる。展望台からの360度のパノラマビューはまさに絶景!!

  

◇灯台入場料 大人¥200(中学生以上)
    ◇参観可能時間 5〜9月 9:30〜16:30
                     10〜4月 9:00〜16:00
               ◇残波岬灯台について詳しくはコチラ
 
残波大獅子 
【残波大獅子】

  残波岬灯台とともに、残波岬のシンボル

  高さ8.75m!長さ7.8m!その大きさは日本一!
 
  琉球王朝時代、中国との貿易で栄えた読谷村の国交
 文化を後世に伝えるため、彫刻家の金城實氏が中心と
 なり村内外から集まった約1000名が協力し昭和60年
 に制作されました。(一度修復しています)
 
  残波大獅子は中国大陸の方向にまっすぐ向いていま
 す。そばにある石碑には

  「夢を語れ!
     ロマンを抱け!
        人々のしあわせ・平和のために!!」

                と刻まれています。

      撮影スポットとしても大人気っ!
 
泰期像       
           

琉球初の進貢使として中国に5回渡った読谷村の英雄『泰期』
「商売の神様」としてモニュメントが設置されています。
〇『泰期』について詳しくは
コチラ

 
ビーチ
    

〇残波ビーチについて詳しくはコチラ
 

残波岬
いこいの広場

    
       
 〇残波岬いこいの広場Tida33について詳しくはコチラ
 
比嘉のおすすめ!

読谷村に来たら絶対はずせない観光スポット!
残波岬は景色も、マリンアクティビティも、BBQもビーチも公園も、レストランもっぜーんぶまとめて楽しめる!!
のんびり海岸線を歩きながら見るサンセットは必見っ!!


大きな地図で見る

観光案内 読谷村観光協会が紹介する、読谷村のおすすめ情報が満載!

  • 見る
  • 買う
  • 楽しむ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 学ぶ
  • イベント
  • その他

 

このページのTOPへ