やちむんの里


ぽってりとした厚みと大らかな絵付け。
「やちむんの里」は沖縄の陶器の伝統・文化・歴史を全身で感じれる場所

やちむんの里には、2つの共同売店があり、窯元、陶芸家ごとにことなる読谷山焼の様々な器類、シーサーなどが展示・販売されている。また、いくつかの窯元には個性豊かなギャラリーがあり、自由に見学出来ます。

住所 〒904-0301 読谷村字座喜味2653-1
TEL お問い合わせ先:098-958-6494(読谷村観光協会)
※ナビでお越しの際は下記売店の電話番号を入力ください。
北窯売店:098-958-6488
マップコード 33 855 410*55
※マップコードはカーナビでの目的地設定にご利用いただけます。
駐車場 [あり・無料]
営業時間 各工房により異なります
定休日 各工房により異なります
共同売店
について
 
 
【北窯売店】
  やちむんの里の奥、北窯の手前にある共同売店。
 北窯の松田米司氏・松田共司氏・宮城正享氏・與那原政守氏
  それぞれの工房で作陶されたマカイや皿、カップなどが購入できます。


読谷村座喜味2653-1番地
TEL.098-958-6488
営業時間 9:30〜17:30
不定休

 
      
        【読谷山焼窯共同売店】
1979年に開窯した読谷山窯。そのどっしりとした存在感を放つ登り窯の手前にある
この共同売店では、山田真萬氏・大嶺實清氏・玉元輝政氏・金城明光氏の作品が購入出来ます。


読谷村座喜味2653-1番地
TEL.098-958-4468
営業時間 9:30〜17:30
定休日 火曜日 

 
工房について

 

 

  
 
歴史 やちむんの里の歴史について詳しくは→コチラ
やちむんの里
以外の村内工房について
現在、読谷村内には約64の工房があると言われています。
ベテランから若手まで、
個性あふれる生き生きとしたやちむんに出会えます。
やちむんの里以外の読谷村内の工房については→
コチラ
読谷山焼陶器市について

 
【読谷山焼陶器市】
やちむんの里で開かれるやちむん市♪
毎年12月 第3  金・土・日 に開催

 
備考

【やちむんの里外でやちむんが買えるお店】

       
       〇読谷村共同販売センター           〇Gala青い海
 
比嘉のおすすめ!

『やちむん』は読谷が誇る伝統工芸品のひとつ!
多くの工房が集う読谷村でもやちむんの里は観光客にも大人気!!
毎年12月に行われる読谷山焼陶器市は朝から多くの人が訪れ大盛況っ!
やちむんの里で自分のお気に入りを探そう!!


大きな地図で見る

観光案内 読谷村観光協会が紹介する、読谷村のおすすめ情報が満載!

  • 見る
  • 買う
  • 楽しむ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 学ぶ
  • イベント
  • その他

 

このページのTOPへ