よみたん民泊(ちゅらむら読谷)


読谷村の民家に泊まり、沖縄のおうち体験。 気分はすっかりうちなーんちゅ★

『民泊』は、ホテルや旅館、民宿のような宿泊施設ではなく、
一般の家庭で、読谷の家族と「沖縄の暮らし」を体験するプログラムです。
読谷村で民泊をご希望の際は【ちゅらむら読谷まで】!!

住所 〒904-0323 読谷村高志保1046
ホテル日航アリビラより徒歩約5分
沖縄残波岬ロイヤルホテルより車で約13分
TEL 098-958-1130
駐車場 [あり・無料]
マップコード 33 851 293*71
※マップコードはカーナビでの目的地設定にご利用いただけます。
営業時間 【月〜金】  10:00〜18:00
   【土】   10:00〜13:00
URL ✩よみたん民泊について詳しくはこちら✩
【HP】  【Facebook       
民泊プラン

★「いちゃりば家族」って何?
「いちゃりば」とは「出会えば」という意味の沖縄方言(島くとば)です。
沖縄で “イチャリバチョウデー” という言葉が古くからあり、
それは “出会えば兄弟” という意味です。
読谷村の民泊協力会では、そのような考え方で民泊受入れをしております。
家族との触れ合い・交流を目的とし、その手段として様々な生活を共にします。
 

★「いちゃりば家族」って何?
民泊というと修学旅行を思い出しがちですが、
いちどぅしプランはどなたでもと利用頂ける民家宿泊体験プランです。
沖縄方言(島くとぅば)で「いちどぅし」とは「一番友だち」のことです。
読谷に大の仲良しを作って、楽しい沖縄時間をお過ごしいただく
これが私たちのご提供するプラン「いちどぅしプラン」です!
 

★「プチ民泊」って何?
「民泊」を取り入れた修学旅行に興味はあるけど、
前例が無くなかなか踏み出せない学校にもオススメ!
民家に1日、生徒を預けるには、ちょっと不安がある!とお考えの学校様へ。
まずは、日帰りの「プチ民泊(日帰り生活)」から始めてみませんか?
読谷村! 地域の人たちとふれあい生活交流を!
お知らせ

「読谷村ふるさと納税」のお礼品にもなっています♫

〜〜〜ふるさと応援基金への寄附のご案内〜〜〜
読谷村では、ふるさと納税を行っています。
読谷で生まれ育った方
読谷を訪れたことのある方
読谷が大好な方
そのような読谷に思いを寄せるみなさまとともに
読谷の村づくりを行っていきます
全国のみなさまからの応援をお待ちしております!

比嘉のおすすめ!

修学旅行はもちろん、一般向けの民泊プランもあるよ!
新しい読谷村のディープな暮らしや文化を体験出来るのが魅力的だよっ!
「読谷で思い出と家族をつくろう♪」


大きな地図で見る

観光案内 読谷村観光協会が紹介する、読谷村のおすすめ情報が満載!

  • 見る
  • 買う
  • 楽しむ
  • 食べる
  • 泊まる
  • 学ぶ
  • イベント
  • その他

 

このページのTOPへ