文化・教育

読谷の文化

やちむん(焼き物)の里

1682年、琉球王府は沖縄各地にあったやちむん(焼き物)窯を首里城下(現在の那覇市牧志)に集め、
壷屋窯が誕生しました。この壺屋窯よりも古い窯が、読谷村喜名から発掘調査によって発見されました。
ここで焼かれた焼き物は喜名焼と呼ばれ1670年頃に盛んに焼かれていましたが、その後、
喜名焼の歴史は途絶えてしまいました。



1972年、壷屋にて焼き物をされていた金城次郎氏(故人)が読谷に工房を移しました。1980年には中堅の陶工4名が共同登窯を築き、初の窯出しとなりました。この窯でできた焼き物を読谷山焼と称し、この共同登窯を中心としてやちむんの里が形成されました。この里をベースとして読谷村内に多くの陶工たちが集まり、現在では村内各地に50余の窯元があります。金城次郎氏は、1985年に沖縄初の人間国宝(重要無形文化財保持者)と認定されています。このように、読谷村は沖縄陶芸の歴史変遷の一端を担う場所となっています。
         
    *--*--*--*--*--*--*--*---*--*--*--*--*--*--*--*--*--*---*--*--*---*--*--*--
        
       〇『やちむんの里』について詳しくは
コチラ
      〇『読谷山焼』について詳しくはコチラ
      〇『北窯の窯焚き』について詳しくはコチラ
      〇『陶器市』について詳しくはコチラ
      〇『魚文』について詳しくはコチラ 

        
  
  
  
                     

読谷山花織(ゆんたんざ はなうい)

15世紀頃に南方から伝わったと言われる読谷山花織は、中国南部から東南アジアをルーツとする織物と考えられています。琉球王朝時代には御用布として重用されていたとも言われています。しかし明治以降、機織り業も近代化の波にもまれ、その工芸技術は途絶えてしまいました。
戦後しばらくした1960年代になると、読谷山花織が見直されるようになりました。大切に保存されていた読谷山花織をもとにした、多くの女性達の何度もの試行錯誤の努力の末に、機織り技術の復元がなされました。この読谷山花織の復元のリーダーが、後に人間国宝となられる与那嶺貞氏(故人)です。現在では読谷山花織事業協同組合が結成され、100名以上の織子が誕生しています。村内各地の工房からは、日々機織りの音が聞こえ、織物の伝統の技が今も息づいています。
 

〇読谷山花織事業共同組合について詳しくはコチラ

赤犬子宮(あかいんこ ぐう)

読谷村では、集落ごとに特色ある伝統文化が育まれています。かつては農閑期のムラアシビとして、組踊や舞踊そして棒術や獅子舞が盛んに演じられました。また、旧暦7月になると各字青年会を中心に、エイサーを大切に繋いできています。この伝統芸能を引き継ぐ作業は、村民のアイデンティティーの確立に一役を担っており、コミュニティー形成の場にもなっています。読谷村に豊かな伝統芸能が息づく背景には、琉球古典音楽の鼻祖と崇められる赤犬子生誕の地であることが深く関係しており、芸能文化を育む環境が息づいていると言えます。

汝の足元を掘れ、そこに泉あり

毎年11月に村民のための村民によるお祭り「読谷まつり」が開催され、多くの村民が集い、各地の伝統文化でおおいに盛り上がります。また、1月に開かれる読谷村文化祭では、村内に活動する文化団体が一堂に会し、鳳ホールでは、琉球古典音楽や琉球舞踊などの舞台芸能が発表され、ふれあい交流館では、工芸や書道、絵画や彫刻などの美術工芸作品が展示されます。
読谷村の歴史文化を蓄え、文化を創造する器として、歴史民俗資料館・美術館があります。この館には読谷村の変遷資料が保存されるとともに、これからの文化振興につながる美術工芸品が収蔵されています。伝統文化で足元を確かめ、文化創造活動を行い、足元の泉を探し当てることを夢みている村が読谷村です。


 

このページのTOPへ